大槌町消防団を支援する会 HOME > 活動報告> 2015年6月の更新履歴

2015年6月の更新履歴

平成26年度「大槌町消防団を支援する会」総会議案 ・2015年6月19日

平成27615

 

平成26年度「大槌町消防団を支援する会」総会議案

1.事業報告

  ●寄贈品

   ヤマト信号ラッパ【ケース付】5セット

   スタンダードホライゾントランシーバーSR70  5

   トランシーバースタンダードFTH-307L  2

   SR70, SR100, FTH-307/308用防水スピーカーマイク 2

   ※その他、乾電池などを田辺九州担当役員および伊藤代表より無償寄贈

  ●募金活動(フェイスブックやホームページなどによる募金募集)

  ●フェイスブックやホームページによる活動報告

  ●役員の大槌訪問:田辺九州担当役員(平成273月)、伊藤代表(平成272月)

 

2.決算報告(平成2641日~平成27331日)

収入

支出

品目

金額

品目(送料を含む)

金額

前年度繰越金

247,386

ラッパ及びケース

174,666

募金

160,000

トランシーバーSR70

59,000

利子

31

トランシーバーFTH-307L

19,998

 

 

スピーカーマイク

10,220

 

 

銀行手数料

432

 

 

次年度繰越金

143,101

合計

407,417

合計

407,417

  預金残高:平成2641247,386円   平成27331日 143,101

 

 

6.次年度活動計画案

  ●事業計画案(大槌ツアー)

  ●寄贈品案

  ●ホームページ、フェイスブックによる活動報告

 

その他

  寄付金の残高について(消防団の活動ならびに災害記憶の風化防止に寄与する事業への支出)

  モニュメントについて(現地消防団の意向を確認)

  現地消防団の情報発信について(画像やブログによる活動報告)

  現地訪問やイベントについて(風化防止、現地と支援者を結びつける仕組み作り)

  会の在り方について(寄付金など資産清算後に解散。緩やかなボランティア団体として再結成)

 

平成26年度「大槌町消防団を支援する会」総会について

去る6月15日から数日にかけて、平成26年度「大槌町消防団を支援する会」の総会を開催しました。

今年度は役員が一同に集まることができず、Eメール等を通じての総会となりました。


総会では事業報告、決算報告、事業計画ならびに決算関連資料の審議が行われ、無事すべての議案が了承されました。

審議のなかで田辺九州担当役員から以下のご意見を頂きました。


「屯所完成のめどがつくタイミングで、当会もモニュメント設立、
あるいは持続的かつ緩やかなボランティア団体への移行等を
考える良い時期ではないかと思っています。
来春はまる5年の節目でもあり、大槌の町も少しずつ新しい

形が見えてくるでしょう」


また、岩本役員からも叱咤激励のコメントを頂きました。

田辺、岩本両役員、ありがとうございました。

これからも

「消防団をサポートすることで、コミュニティーを支援する」

を合言葉に全国の皆様の気持ちを現地消防団へ届けてまいります。


尚、議案や決算資料については随時公表してまいります。

引き続き皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。


「大槌町消防団を支援する会」

会長   伊藤  真悟

消防演習 ・2015年6月11日

以下、田辺九州担当役員による消防演習のご報告です。


「6月7日、快晴の空の下、大槌町消防団消防演習が行われました。早朝、仮屯所前で点呼と分団長の出動指示。

午前7時すぎ、役場近くのグラウンドに5つの分団が勢ぞろい、点呼・点検・報告が整然かつ迅速に行われました。

越田団長からの訓示では、団員へのねぎらいと更なる研鑽、地域住民との協力強化が話されました。

午前8時、大震災と津波の犠牲者への黙祷から始まり、緊張感のある演習が始まりました。

一昨年は雨、昨年は山火事消火活動の待機のため、屋外での演習は実に5年ぶりとのこと。

ラッパ隊の吹鳴が厳かに響き渡り、100人を超える団員の整列は壮観そのものです。

永年勤続の表彰では、第二分団の里崎功美さんはじめ、統監から表彰状が手渡されました。

さて、グラウンドでは、機械点検、中隊訓練(隊列行進)、放水模擬訓練が続き、その後いよいよ、

河川敷に移動しての一斉放水が12時から始まりました。

大勢の住民がこの放水を見るために土手の上に集まり、青空に向かっての放水に拍手がわきました。

ところで私は、6日夜に第二分団屯所で開かれた「前夜祭」にもお邪魔し、小国峰男分団長、小国泰明副分団長

はじめ、参加される団員の方と交流を持ちました。

さらに、当日は演習見学の許可と、写真撮影担当として依頼をうけたまわり、海風に吹かれながら、

団員のみなさんのきびきびとした演習風景をカメラにおさめることができました。

ラッパ隊もまだ少ない人数ながら、厳粛な吹鳴が大きな役割を果たすことを知りました。

仮屯所の前には、半鐘が置かれています。放水では小型ポンプ「安渡富士号」も加わりました。

前夜祭、打ち上げ中でも、殉職された方の思い出話や人となり、そして3月11日その日のことが、

ふとしたきっかけで繰り返し語られていました。

早ければ、今年度中に新たな屯所が完成する予定です。そこでは、団員が毎日のように集まり、

語る場所になることを、小国分団長はじめ強い思いで待ち望んでおられます。

3月11日に訪問して以来、知り合った分団員の方々も増えてきています。

2日間、皆様にはお世話になりました。」

DSC05251 (2) (800x600).jpg