大槌町消防団を支援する会 HOME > 活動報告> 2013年4月の更新履歴

2013年4月の更新履歴

田辺九州地区担当役員の大槌訪問報告(1) ・2013年4月29日

 
4月19日~20日に大槌町を訪ねました。 
 
19日夕方、釜石駅に着、小国隆さんに迎えにきてもらい、大槌へ。
 
鈴木部長が勤める文林商会に伺いました。
 
ちょうど、ロッカーの見積が届いたということで、内容を拝見しました。
 
鈴木部長からは、
 
「6月2日に団の演習を予定しているので、それまでに設置できればとてもありがたいし、当日の志気も上がると思う。」
 
と心待ちにされていることをお聞きしております。
 
この件、すでに代表から手配をかけておられることと思います。
 
この場で、平成生まれの若く元気な団員の川端さんにも挨拶しました。
 
(次回へ続く)
 
 
DSC07178 (450x334).jpg
 
 

講演会の報告(大分市) ・2013年4月20日

去る3月5日午後2時より、大分市府内町の「コンパルホール」多目的ホールで
大分市防災協会が主催する防災講演会が行われました。
 
この講演会には、大槌町消防団第二分団の鈴木部長が講師として招かれ、
東日本大震災での大津波発生時と、それ以降の活動報告をしました。
 
津波発生から2年、西日本の太平洋側でも、巨大地震と大津波への対策が
急務になっている現在、一般市民の方にも参加を呼びかけています。
 
今回の講演に招かれた鈴木部長と、大分市消防との関係は、津波の写真を送った
ことがきっかけでした。
 
九州地区での防災活動報告は今回で2回目となりました。
被害が風化するどころか、九州でも自分自身のこととして真剣に考え、行動する
ことが重要になっているとあらためて感じています。
 
                           九州地区担当・田辺 尚
 
 

ロッカーの寄贈について ・2013年4月19日

先月、屯所奥に仮車庫が完成しました。

「大槌町消防団を支援する会」では、車庫内に設置するロッカーの寄贈を計画しています。

現在も団員の防火衣などの備品の置き場がなく、出動の際に支障をきたしかねません。

現在、品物や価格を選定中です。

購入は多くの方々から募った募金を使わせていただく予定です。

 

今回の購入を機に、再度募金のお願いをさせていただきたく存じます。

小型消防ポンプをはじめ防火備品等を購入、寄贈してまいりました。

皆様方の善意なしでは何もできません。

ご寄附先は当ホームページ「募金のご協力」の下方をご覧ください。

今後とも皆様のご理解、ご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

「大槌町消防団を支援する会」代表

伊藤真悟