大槌町消防団を支援する会 HOME > 活動報告> 2011年10月の更新履歴

2011年10月の更新履歴

今後の活動方針について【重要】 ・2011年10月27日

以下、高性能小型消防ポンプ「ウイックマン100」購入並びに寄贈後の予定です。
 
●消防ポンプ購入に関する収支報告を行います。
●当初目標が達成されたため、「支援の会」役員会を速やかに開催し今後の支援の方針につて検討を開始します。
支援くださった皆様へのご報告を可能な限り行います。
●暫定措置として、購入後の募金残金は今後の支援に全額運用します。
●大槌町消防団支援の継続を前提として募金活動や現地報告会を引き続き行います。
 

寄贈式ならびに納品指導【重要】

 平成23年10月23日、高性能小型消防ポンプ「ウイックマン100」の寄贈式ならびに納品指導が岩手県大槌町にて執り行われました。当地では前日までの雨も上がり、秋晴れの好天に恵まれました。
 当日、「支援の会」からは伊藤と岩本が参加。ピーシー販売側からは堀本社長を含む社員2名の参加がありました。大槌町側からは、約10名の消防団員並びに大槌町消防団長、大槌消防署職員が参加しました。また、岩手日報、時事通信社、共同通信社の記者も同席し、一連の行事の取材を受けました。
 午前10時半過ぎ、安渡地区にある第二分団仮屯所前にて寄贈式が開始。「支援の会」側から今回の経緯説明や支援者への謝辞があり、団長から寄贈受け入れと支援にたいする謝辞が表明されました。
 その後、場所を大槌川河川敷に移して、納品指導ならびに放水デモンストレーションを行いました。堀本社長から、今回寄贈したポンプの使用手順が団員に説明され、数百メートルのホースを使用して放水デモンストレーションを敢行。団員による力強い放水は大槌川に大きなアーチを描きました。
 納品指導後、仮屯所に戻り、昼食ならびに懇談がおこなわれました。「支援の会」からは、今後も支援を継続してく旨の発言がありました。団員側からは、ひきつづき「支援の会」の活動を理解し、支援を受け入れる用意がある旨の発言がありました。
 午後1時過ぎ、一連のイベントや行事が滞りなく終了しました。

小型消防ポンプ購入の経緯【重要】

 予てより当ホームページにて告知していた高性能小型消防ポンプ「ウイックマン100型」について調べを進めていたところ、ピーシー販売(大阪府摂津市)が輸入元ならびに販売先であることが判明し、早速同社堀本社長にコンタクトを取りました。
 ピーシー販売にホースなどの備品等を含めた見積書の送付を依頼。その時点での募金総額で購入可能であったため、「支援の会」役員の判断で購入を決定しました。平成23年10月3日、ウイックマン100を正式に注文し、合計金額699,300円(消費税含む)をピーシー販売へ送金しました。
 速やかに大槌町消防団第二分団側に注文の報告したところ、快く寄贈を受け入れる旨の連絡を受けとりました。
 ピーシー販売側にウィックマン100の在庫があったため、できるだけ早い納品を依頼しました。消防団とピーシー販売双方の日程調整の結果、平成23年10月23日に寄贈式と納入指導ならびに放水デモンストレーションを大槌町にて行うことを決定しました。
 また今回購入の消防ポンプを「安渡富士号」と命名。名前の由来は、第二分団の管轄である安渡地区の地名と、震災当日、半鐘を鳴らし続け命を落とした越田富士夫団員の名前です。
 

小型ポンプ寄贈式の報道振り ・2011年10月25日

大槌町での小型消防ポンプ寄贈式ならびに放水デモンストレーションが岩手日報、時事通信社などにより報道されました。

【岩手日報】

http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/h201110/h1110242.html

【時事通信社】

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011102300064

 

 

小型消防ポンプ購入、寄贈 【速報】

「支援の会」は、予定していた高性能小型ポンプを購入し、週末に大槌町消防団第二分団へ寄贈いたしました。
現地にて、団員ならびに関係者のご参加を賜り、寄贈式と放水テストを無事終えることができました。
これまでご支援いただきました皆様、心よりお礼申し上げます。

今後とも消防団をはじめ大槌町、さらには東北の復興支援を継続する予定です。
引き続きご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

尚、詳細は後ほど当ホームページにてご報告いたします。

個人募金 ・2011年10月 6日

毎月、個人支援者から振り込みによる募金をいただいています。なかには面識のない方々も多数いらっしゃいます。改めてお礼申し上げます。皆様のお気持ちを一日も早く形にすべく努力を重ねてまいります。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

尚、募金いただいた個人、団体の方々の名前や名称を「募金のご協力」のタグにてご紹介させていただいています。